運輸安全マネジメント

2021年 運輸安全マネジメントに関する取り組み

丸運十和田運送株式会
代表取締役社長 小笠原 和彦

1.輸送の安全に関する基本的な方針

 丸運十和田運送株式会社は輸送の安全が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、運輸安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、次の通り安全方針を定め、周知する。

  1. 代表取締役は輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
  2. 輸送安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  3. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。
  4. 運輸安全マネジメントを全社員が一丸となって確実に実施し、PDCAサイクルの徹底により継続的に見直しと改善に努めます。

2.輸送の安全に関する目標及び該当目標の達成状況

  1. 事故削減目標
 重大事故車輌事故・物損事故内訳
目標実績目標実績
2016年0件1件車輌10件
その他20件
11件
21件
32件中
車輌11件
物損14件
建物破損7件
相手責任他0件
2017年0件1件車輌10件
その他20件
14件
41件
55件中
車輌14件
物損20件
建物破損17件
相手責任他4件
2018年0件0件車輌10件
その他20件
12件
36件
48件中
車輌12件
物損19件
建物破損9件
相手責任他8件
2019年0件0件車輌 8件
その他22件
13件
30件
43件中
車輌13件
物損9件
建物破損15件
相手責任他6件
2020年0件0件車輌 8件
その他22件
7件
26件
33件中
車輌7件
物損15件
建物破損5件
相手責任他6件
2021年0件車輌5件
その他15件

3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

  • 2016年件数 1件 (走行中のタイヤ脱輪、負傷者0人)
  • 2017年件数 1件 (車輌転落、負傷者0人)
  • 2018年件数 0件
  • 2019年件数 0件
  • 2020年件数 0件

2021年1月1日

ページのトップへ戻る